スキンケアに使ってみたいオイルの使用感

 

スキンケアに使う場合のオイルの使用感。自分の覚書

 

アプリコットカーネルオイル

杏仁(あんずの種子の核)から抽出されるこのオイルは、きめの細かい、さらさらとした質感が特徴で、マッサージオイルとして使えます。へケケアにも使えます。

オレイン酸、ビタミン類を豊富に含んでいる為、肌をしっとりなめらかにします。
細胞の酸化を抑える抗酸化作用に優れたβカロチンも豊富に含む為、シワやくすみやたるみと言った老化の予防を助けます。

使ってみて
さらさらとしてるので 重いオイルを使う時いっしょに混ぜると使いやすくなります。かゆみを伴う敏感肌にはいいということなので ボディバターに入れて使ってます。

マカデミアナッツオイル

オレイン酸, パルミトレイン酸人間の皮膚に含まれる皮膚の老化と関係の深い脂肪酸(加齢と共に減少し、老化へも結びつくと言われている脂肪酸)と非常に類似している。パルミトレイン酸をおよそ20%ほど含む。

肌を柔らかく保って保湿してくれることから、乾燥肌にも非常に有効。代謝活性のよいオレイン酸を豊富に含むため、肌へ良く浸透し、心地よい柔らかい皮膚感を与えます。

酸化安定性や浸透性に優れ、長期間保存が可能なのも特長の1つです。 優れた皮膚軟化作用 、保護効果 抗炎症作用 かゆみ刺激の軽減 軽い火傷の鎮静。

使ってみて
オレイン酸が沢山含まれているので 逆に 若い人には、にきびになりやすいみたい。年齢が上の人には必須です!

 

エミュオイル

必須脂肪酸のオレイン酸、リノール酸をとても多く含んでいる、

エミューオイルの主な組成成分は、オレイン酸・ステアリン酸・リノレイン酸・パルミチン酸
肌を柔らかく保ち、皮膚細胞を活性化します。
抗炎症、鎮痛、保湿作用があり、火傷や日焼け、切り傷や乾燥性の湿疹(アトピーなど)、関節炎や筋肉痛などの治療に利用されています。肌に馴染みやすく、べたつきが少なくて使いやすい。

使ってみて

重いオイルのように見えるが、使ってみるとすーっとなじんでベタベタしない。値段がお高いので他のオイルと混ぜて使うといいと思う。薬用に一家にひとつ欲しい。

 

アルガンオイル

酸化にも強く長期保存可能。酸化防止効果のあるアスコルビン酸が肌のコラーゲンの生成。夜だけでなく日中にも使用でき、紫外線を防ぐ効果。

*含まれる栄養素:
オレイン酸・リノール酸・アスコルビン酸・γ-トコフェロール
(ビタミンE・オリーブオイルの約2倍)、等

乾燥肌のケアと同時に皮脂の過剰分泌を抑える効果がありますから、オイリードライ肌の方には特にお勧めします。柔軟作用・アンチエイジングにも高い効果があり、肌荒れ対策、保湿、またヘアケアにも有効です。メイク下地に使えるアルガンオイルには皮脂分泌抑制効果もありますから、逆に油浮きによるメイクくずれを防いでくれます。

使ってみて

ミネラルファンデーションを使って(手作り)いるので、下地クリーム代わりにこのオイルと他のオイルをいくつか混ぜて使っている。

油性肌(鼻のあたり)なので、重宝している肌の持ってる油とミネラルファンデーションが微妙に交わってるのでつやつやして見える。大変気に入ってる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です