ハーバリウムで必要な材料そろえる。容器のガラスビンおすすめ

  ハーバリウムとは、乾燥させた植物やプリザーブドフラワー等を瓶に入れてオイルに漬けて保存するもので、インテリアや贈り物などにも喜ばれる今ちょっとした流行になってます。

インスタグラムやSNSでも、話題になっていますね。

でも、デパートで買えば1本3500円~4000円します。材料揃えたら作るのはそんなに難しくありませんので、それなら自分で作ってしまいましょう!

ハーバリウムを作るのに必要な材料とは

瓶にも大きさがあって、100ml、150ml、200mlとあります、ビンが大きいと豪華な雰囲気になります。そのぶんオイルをたくさん使いますので販売する時は値段が上がります。オイルが高いのでご注意を。

  • プリザードフラワー、ドライフラワーなど花材
  • ガラス瓶がおススメ
  • オイル

 

入れるビンですが、あまり広口だと中の花がオイルに浮いてしまうのでできれば細めの方が作りやすいです。

お花が少なくても作りやすいです。逆に少ない方がいいかもしれません。

このタイプの瓶のデメリットは、いったん花材を入れてしまうと取り出しにくい事です。高価なバラなどは特に注意です。

一度で取り出せずに何度も出し入れしてると、花びらがバラバラになってしまいます。

 
 

立てても傾けても飾れる2wayラウンドボトルが可愛い♪

色々試せるので、こんなセットもおすすめです。

 
オイルのキラキラ感がわかるので、花材を少なくシンプルに作るのも好きです。
 
瓶によっては、大きすぎると中で花が動いてしまうので作りにくいかもしれません。なので、なるべく細身の円柱や角柱がおススメです。また、ビンが200ml超えるとオイル代もたくさんかかります。
 
完成したものは、太陽光が差し込むところに置くのはやめたほうがいいです。花材の色が褪せるので、日光は避けましょう。
 

 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です