高齢者にも粉ミルクを飲ませていいのか?って疑問。ついでに栄養と美容も兼ねてます。

 

私が介護の仕事をしてる時の事ですが。

ある方の食事の量がいつもしっかり食べてたのに、ここ数日半分ほどしか食べなくなってました。それで前もってお医者様からいただいてた缶入りのインシュアというミルクのような飲み物を差し上げていたのですが。

とても甘くてコーヒー牛乳のような味がしてゴクゴクおいしそうに飲んでおられた事を思い出しました。

もし自宅で介護をしていて、親の食事の量がいつも少なくて、食べない日が続くとほんとに心配になりますね。

高齢になれば食事の量が少なくなりがちですが、サプリメントも嫌がるし・・・こんな時、赤ちゃんが飲んでいる粉ミルクを飲ませてみようかなんて考えてる人が意外と多いようです。

でも、赤ちゃんの粉ミルクを飲んでみたらわかりますが、そんなにおいしいものではありません。ほんのり甘いかなって程度。

おかあさんのおっぱいも、飲んだ人はわかりますが(笑)

私なんか自分のおっぱい味見して、まずっ!!って思いましたもの。

なんであんなおいしくないおっぱいを赤ちゃんは飲んでいるのか不思議です・・でも子供たちは二人とも母乳のみで育ちました。

と話はそれましたが・・

実際、高齢者用の粉ミルクじゃなくて、大人の粉ミルクが発売されています。

大人の粉ミルクってどんなもの?

 

<Amazon> プラチナミルク フォー バランス やさしいミルク味(300g)【プラチナミルク】【送料無料】

< 楽天> 雪印 プラチナミルクfor バランス やさしいミルク味

普通に赤ちゃんの粉ミルクみたいな感じで入ってますね。

しかも味が、やさしいミルク味、ポタージュ、抹茶の三つありまして 粉ミルクというよりスープかな?っていう感じ。

粉ミルクというなら一番上のがそれに近いですね。

 

栄養のバランスは?高齢者向き?

 

キャッチコピーが「大人向け栄養バランスサポート食品」なんですが、普通に食事が取れている人には問題ないとして、高齢者に飲ませていいのかな?ってところが気になります。

【プラチナミルク フォー バランス やさしいミルク味の原材料】
脱脂粉乳、デキストリン(でんぷん糖化物)、植物油(パーム核油、パーム油、カノーラ油、大豆油)、ガラクトオリゴ糖液糖、乳糖、全粉乳、乳清たんぱく質濃縮物、精製魚油、酵母/クエン酸、炭酸マグネシウム、L-テアニン、炭酸カルシウム、炭酸カリウム、ビタミンC、ビタミンE、ピロリン酸第二鉄、ニコチン酸アミド、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビタミンD、(一部に乳成分・大豆を含む)

 

牛乳と比較すると

ビタミンやミネラルが多くてDHAや鉄など牛乳だけでは取りにくい成分も含まれているという事です。

タンパク質が牛乳の1.5倍です

11種のビタミン、8種のミネラル、DHC、タンパク質が豊富。サプリメント牛乳かな?って感じでしょうか。

 

赤ちゃんの粉ミルクってどんな栄養が含まれてる?

 

ちなみに、赤ちゃんの粉ミルクには雪印のメグミルクを調べてみると・・・

たんぱく質成分や脂質成分、ビタミン・ミネラルを調整し、母乳に含まれ乳児の健康維持に大切なDHA(ドコサヘキサエン酸)・オリゴ糖・ラクトアドヘリン・ヌクレオチドなどを配合しました。

とあります。

DHAは脳や網膜の発達に重要で、あとは簡単に言うと体が成長し骨や皮膚をつくるのにとても重要な成分ですね。

 

フォローアップミルクと牛乳の違い

 

フォローアップミルクの成分は

授乳期が終わって、離乳食の時期になるとまた別のフォローアップミルクというのがあります。

成長に合わせて必要な栄養、重点的にとる栄養も変わってきます。

離乳食に入ると、離乳時に不足しがちな鉄、鉄の吸収を促進するビタミンCなどが増強されるそうです。

 

牛乳の成分は

牛乳はカルシウムを取るのに適してますが、鉄やその吸収を促進するビタミンC、およびDHAはほとんど含まれていません。

 

大人と赤ちゃんの粉ミルクの違い

 

赤ちゃんの粉ミルクは、

たんぱく質成分や脂質成分、ビタミン・ミネラルを調整し、母乳に含まれ乳児の健康維持に大切なDHA(ドコサヘキサエン酸)・オリゴ糖・ラクトアドヘリン・ヌクレオチドなどを配合。

 

大人の粉ミルクは、

ビタミンやミネラルが多くてDHAや鉄など。タンパク質が牛乳の1.5倍です。

粉ミルクは赤ちゃんが成長できるほどの栄養素が入ってるので、それを食の細くなった高齢者用に用いることが出来るよう改良されたもので咀嚼が難しい高齢者や体調が悪い時などに活用できたらいいかと感じました。

でも本格的に栄養を補給するなら、お医者さんに処方箋を出してもらってとインシュアのような高カロリー食を摂った方がいいです。

食べられない状態を放置する事ないよう、高齢者の方の様子をみて医者の判断を仰ぎましょうね。

 

味はどんな感じ?

 

大人の粉ミルクを飲んだ方の感想を見ると、あまりおいしくなさそうな感じです。

何かに混ぜる・・例えばシチューやコービーに入れるといった使い方をすればコクが出ておいしいみたいですね。

それに小学校時代、粉ミルクを溶かして飲んでた世代にはちょっと違和感がありそうです。

それなら、スキムミルクという大御所がいますのでそれで充分かと。

スキムミルクなら牛乳の代わりに普段使いしてます。ホームベーカリーにも使えます。

 

食べ方、飲み方は?

 

「スプーン3倍、お湯か水100mlに溶かす」

直接飲む方より、何かに混ぜて飲むという使い方が多くなるような気がします。

でも、例えば朝食がいつも牛乳とパンしか食べない私には、朝しっかり栄養が摂れるのでいいかもしれません。

栄養のバランスを整える。そして夜は控えめに。

この食べ方はダイエットにぴったりかも。

 

栄養プラス美容に注目してるのが

 

プラチナミルク フォー ビューティ ポタージュ風味 スティックタイプ(10g*14本入)【プラチナミルク】

楽天

Amazon

こちらはなんと

大人のためのビューティーサポート食品ということで、スティック1本に、牛乳にわずかしか含まれないミルクセラミドのほか、女王蜂のための特別食といわれるローヤルゼリー、コラーゲンを吸収しやすくし小さくしたコラーゲンペプチド、4種のビタミンを配合しています。

メーカーより

セラミドにローヤルゼリーにコラーゲンが含まれているのは気になる!!

してお値段は14本2150円ほど 1本160円くらい?

コラーゲンを摂取方法別で比較してみた

 

コラーゲンとは?

美容や若々しさを支える重要な成分ですが、30代を過ぎると急激に減少します。日々ハリをキープするために、継続して取りたい成分です。

 

他のコラーゲンドリンクの含有量は

ちなみに美容ドリンクですが、だいたいコラーゲンは10000mgはいってます。コラーゲンだけ見ると美容ドリンクの方が勝ってますね。でもその分値段が高いです。1本200円から400円します。

継続しやすいのが一番。

 

食事からコラーゲンを摂るなら?

コラーゲンは天然の食材にも含まれていますが、食材の量に対して含まれるコラーゲン量はそれほど多くありません。例えば↓の食物でどれだけコラーゲン摂れるかというと。

  • 牛筋 約5,000mg
  • 豚もつ 約3,000mg
  • 鳥手羽先 約1,500mg(※各食品100gあたりのコラーゲン量)

でも、毎日これだけ取るのもねえ~♪ カロリーすごいでしょうね。

 

プラチナミルク フォー ビューティ ポタージュ風味のコラーゲンの含有量は

1回分に含まれている分量はこれです。

ミルクセラミド・・・22mg
ローヤルゼリー(生換算)・・・500mg
コラーゲンペプチド・・・2500mg

コラーゲンだけでなく、美容によいものがたくさん入ってますね。

 

まとめ

 

今回おすすめは

プラチナミルク フォー ビューティ ポタージュ風味 スティックタイプ(10g*14本入)【プラチナミルク】ですが、値段も手ごろだし私のように朝手抜きする方にはぜひおすすめです。

ミルクセラミド・・・22mg
ローヤルゼリー(生換算)・・・500mg
コラーゲンペプチド・・・2500mg

これだけ入って そのへんの美容ドリンクよりもお安いです。

お値段は14本2150円ほど 1本160円くらい

美容を兼ねた粉ミルクならこちら

【3個セット】プラチナミルク for ビューティー 10g×14包 (3個)

【3個セット】雪印ビーンスターク【サプリメント】プラチナミルク for ビューティー 10g×14包【快適家電デジタルライフ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください