自然にやさしい重曹の使い方について調べてみた 備忘録

手作り石鹸をしなくなって その材料がたくさん余ってたので順番に整理をしてます。

もったいないけど 時間が経過してるのでオイルも酸化してしまい使い物にならないんです。

それと棚の奥から 重曹やクエン酸やミョウバンなど 出てくるわ出てくるわ・・でも 手作りリンスを作ってた時のなごりです。

こんなの正味期限ないだろうし。捨てるのもったいないので調べてみました。

重曹とは食品添加物で、炭酸水素ナトリウムのことです。

一般的な利用方法

黒豆、たけのこのあく抜きや つやだし 蒸しパンなどのふくらし粉として使われています。

油汚れにいいので ガスレンジの回りに振りかけてスポンジでこすって落とします。

重曹の裏技

重曹でお風呂掃除 

重曹(弱アルカリ)とクエン酸(酸)を使う

水に溶かしてスプレーにしたり、重曹2:水1の割合で練ってペーストにし、研磨剤の代わりにアルカリの石けんやシャンプーの場所はクエン酸を使います

クエン酸溶液をスプレーを作ります。軽い汚れは水250mlにクエン酸小さじ2杯ほどを加える

それでも落ちない場合は クエン酸の濃度を濃くしてパックしてみるといいです。

バスタブは 弱アルカリの重曹を使います

お湯が温かいうちにお湯200lに対してカップ1の割合で浴槽のお湯にとかして一日放置します。

タイルの目地など カビには 重曹とクエン酸を使います。重曹とクエン酸を同じ割合で混ぜてカビのところにのせます。

お湯をかけると泡がでて溶けますので少し放置30分ほどでキレイに流す。壁などは 重曹スプレーとクエン酸スプレーを交互にかける。

重曹で洗濯

重曹をワイドハイターで溶いてドロドロにし、汚れた部分につける。すこし放置後 洗濯機で洗濯または 重曹 大さじ2 、酸素系漂白 大さじ1 、クエン酸 小さじ1 を洗剤代わりに入れる。

重曹でうがい

食後の歯みがきの後、水100ccに小さじ半分程度の重曹を入れ、完全に溶かしてから30秒程うがいをする。

濃すぎると粘膜を痛めてしまうので、口の中に違和感を感じるようなら薄める。

重曹で入浴剤

重曹大さじ2杯、粗塩大さじ2杯、クエン酸大さじ1、全部混ぜて風呂に入れると炭酸入浴剤と同じ効果。

しかも重曹とクエン酸でお掃除効果も有り大さじ3杯の重曹をお風呂の浴槽に入れて入浴する、

古い角質が取れつやつやお肌に重曹には高いピーリング効果があって古い角質や老廃物、毛穴に詰まった皮脂汚にまた、脇などの黒ずみを改善し、本来の肌の白さに戻してくれる効果もあり。

重曹で洗顔

洗顔石鹸やフォームを普通に泡立てて、その中に重曹を一つまみ程度(小さじ1くらい)混ぜます。

重曹には脱臭、消臭作用や殺菌、除菌作用があり。

重曹で足の臭いをとる

小さじ2杯くらいの重曹と40℃弱くらいのお湯を入れた洗面器に足をつけておく

重曹パック

いちご鼻対策で 重曹を少しの水で好みの硬さに練る。毛穴が気になるところを覆うように塗る。10~15分ほど待ってからぬるま湯か水で洗い流す。

重曹でシャツの黄ばみをとる

台所用洗剤小さじ1、オキシドール(過酸化水素)大さじ3〜4、重曹大さじ2をまぜて シャツに直接のせていきます。

上から歯ブラシなどでこする。あまり強くこすらない事1時間ほど放置しまた軽くこすります。後は水で流し洗濯する

結構いろんな使い方がある事がわかりました。

by カエレバ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください