米肌の肌潤石鹸 

以前に KOMEHADA米肌のお試しをしたんですが、中でも肌潤石鹸が気にいりまして再度記事にすることにしました。

石けんは自分でも作ってきて 試行錯誤しながら素材をとっかえひっかえ 実験のようなこともしてました。

中心になるオイルの組み合わせで泡立ちがよくなったり しっとりなったり さっぱりしたりします。それにいろんな材料を加えて プラスアルファーの効果を期待していくのですが。

米肌潤せっけんの不思議

不思議なことに この米肌の肌潤せっけんは 減りがすくないのです。

私が作った 肌にやさしい石けんでは グリセリンが多くなると溶けやすくなって 石けんがすぐ減っていきます。なので良い石けんであればあるほど 減りやすいというイメージがあったんです。

それに肌潤は泡立ちもすごくて これだけ泡立ちをよくしようものなら 肌にはちょっと良くないものを入れないとできないはず・・・何が入ってるんだろう??

もう一度どんな石鹸か 調べてみる事にしました。でもどこを探しても詳しい材料が書いてない だけど実際使いごこちは めっちゃいい! またわかり次第記事にすることに・・・

SONY DSC

この石けんにも ライスパワーNO11が使われていました。

ライスパワーNO.011とは

角質の水分を保つ力を水分保持機能といいますが それが改善できる唯一の有効成分なのです。

たしか厚生労働省より「皮膚水分保持改善」という効能がある新規有効成分と認められてるのです。

だからちょっと値段が高いんですね。

他にも ビフィズス菌発酵エキス 大豆発酵エキス 乳酸Na グレコシルトレハロース グリセリン が配合されてます。

すっぴん力の原点は洗顔にあり

とはうまく表現したものです。この石けんをアミネットで泡立てると あわ密度が高い為 結構しっかりした泡ができます。泡で洗顔してあげると手と顔のクッションになって 肌に負担がすくなく洗顔できます。

溶けにくいのに とても泡がしっかりして 肌が潤う 不思議な石けんです

koseさんの最新技術が駆使されてるんでしょうね。たかが石けんですが されど石けん。一度使ってみると ほんとにいいな~って思います。これは絶対素人では作れません。またマネできませんね。

すっぴん美肌になりたい人へ。正しい泡洗顔「米肌【肌潤石鹸】

1個3500円もする石けんですが トライアルであれば 化粧水 クリームなどがセットでお試しすることができます。↓

■MAQUIA 美のプロ50人が選ぶコスパ・コスメグランプリ2015 第1位受賞!

■@cosmeベストコスメアワード2015 受賞

■美的 2015 上半期ベストコスメ受賞 多数メディアに取り上げられております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です