タンパクオトメってダイエット時やお年寄りの栄養補給にも飲めるプロティンです

うちの旦那さんはある時期、お酒を飲み過ぎて激やせてしまい悩んだ私はプロティンを飲ませる事にしました。

ご飯を食べても栄養を補給できないようなので、このままじゃあヤバいと思ったんです。

結局、何年もかかって本人がお酒をやめたので、元の体重に戻りつつあります。その時はプロティンというのは筋肉をつけるためのものだと思っていました。

ドラッグストアに買いに行ったら、そうでもない事が判明しました。ダイエットのプロティンもあるし、筋肉をしっかりつけるためのもあるし、目的に応じていろんなタイプがあるという事を知りました。

私も、かなり昔にダイエットしてブログに15キロ痩せたと書いてますが、本当は18キロです(笑)

ダイエット中、私はしっかり栄養補給しないと目がかすんできたり、髪の毛が抜けてきたりしました。なのでビタミン剤も同時に飲んでました。

あの時はプロティンで栄養補給なんて思いもつきませんでした。

プロティンとは何?

ドラッグストアでよく見かけます。お値段もそこそこします。こんなパッケージに入ってるやつです。

プロテインとはたんぱく質の英語名ですが、一般的にはたんぱく質を摂取できるスポーツサプリメントをプロテインと呼んでいます。

 プロテインは主に動物性の「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」と、 植物性の「ソイプロテイン」が一般的です。 
特に「ホエイプロテイン」は 運動で筋肉をしっかりつけたい人向け、「ソイプロテイン」は運動で内側からカラダを引き締めたい方向きです。

プロティンを摂る理由は何?

人間の体は筋肉や骨、血液、内臓、皮膚、髪、爪にいたるまで、ほとんどがたんぱく質によってつくられてます。

女性が気になるコラーゲンもたんぱく質のひとつですね。

たんぱく質が不足するとどうなるかというと、免疫力が弱まったり、体調を崩しやすくなったり、疲労回復の遅れや貧血、いろんな面で健康維持が出来なくなる恐れがあります。

体を構成してる組織を健康に維持する為必要な成分なんです

タンパク質は一日どのくらい必要?

たんぱく質の必要量は、成人だと体重1kgあたり1gが目安だそうです。70キロであれば70gですね。

運動してたらもっと多くのタンパク質が必要です。ダイエットで痩せてもタンパク質が足りない状態が続くと、健康面でいろいろ困った症状がでてきます。

私の場合、髪の毛が抜けやすくなりました。あと目がかすんで見にくくなりました。肌もかさつきが目立ちました。

カロリーは減らさないといけませんが、必要な栄養素はきちんと摂らないと病気になってしまいます。免疫も落ちるならなおの事ですね。

タンパク質を食事だけから摂取したら

これが困った事に、必要な量のたんぱく質を食事から摂取する場合、一緒に脂肪も摂ってしまう事です。

高たんぱく質の食品には、多くの脂質を含むものがあります。せっかくタンパク質を摂ろうとしても脂質の摂取量が増えてしまうとダイエットの意味がないですね。

そういった意味でも、プロティンを摂取するのは間違いではないのです。

ダイエットする為の秘策はプロティン

ダイエットする時はカロリーを抑える事ばかりに気が向いてしまいます。カロリーを増やさずに筋肉量を増やすのがポイントです。

食事の前にプロテインを摂取し、お腹いっぱいにしてカロリーを抑えた食事をすれば、栄養や筋肉量を減らす事なく、又お腹が減る事も防げます。

今プロティンが見直されてる

筋肉を減らすダイエットではなく、運動で筋肉をつけてプロティンで基礎代謝を維持しながら引き締めていくというやり方が流行っているそうです。

女性の為の美容プロティンが注目されてます。ただ、カロリー栄養を削った不健康なダイエットから、きれいに痩せる美容ダイエットです。

私も、ダイエットしてる時気になってました。痩せてきてはいるけど、なんか変な痩せ方かも・・・と

肩甲骨のあたりが、痩せてくるとくっきり見えてくるのですが、肝心なお腹周りや太ももなどが追いつかない。というか取り残されてしまってる。胸の筋肉も落ちて垂れてしまった!と気が付いた時にはすでに遅し。

そこで見つけたのが、タンパクオトメというプロティンです

どうせ痩せるなら、栄養補給もできて、食事前に飲む事でお腹も減らない。タンパクオトメがいい!

タンパクオトメの中身は?

 たった一杯でこれだけの成分が入ってます。
 
たまちゃんショップのHPより

タマチャンショップのHPより

 味もほんのりチャイ味や、ぜいたくベリーなど4種類あります。
 
運動やエクササイズを無理なく取り入れて、お腹周りや下半身を引き締めていくようにしましょう。一度へんに痩せてしまったら、元に戻すのは難しいと思います。
 

栄養補給にもプロティン

 

若い人だけでなく、お年寄りにもプロティンを飲んでタンパク質を補給したらいいのではと思います。

ダイエットする為じゃなく、栄養補給という意味での摂取です。本当はごはんから栄養を摂りたいところですが、歯が悪かったり、運動不足だったりして食が細くなりがちです。

無意識に固いものを避けてしまうので、肉類は食べない人も多いです。

食事が細くなると、栄養も不足してきます。しっかり食べられない場合におやつにプロティンを飲んで不足している栄養素を補給しましょう。

無理やり食べさせても、嫌がると思うので味のついてるプロティンを飲ませる事で栄養補給にするのも一つの方法です。

 

 
うちのおじいちゃんにも、おばあちゃんにも美容にいいからと飲ませてみようと思います。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です