ハーバリウム関係はこちらへ

ダイエット中でもパンが食べたい私、低糖質パンを朝食にできるか試してみた

我が家の朝食は基本、牛乳とパンが中心。

でも、ダイエット中一番控えたい食べ物はパン!!

私は、食べ過ぎが続いて、大食いのスイッチが入ってしまうと勢いが止まらなくなるので、どこかで意識してスイッチをオフにしなければなりません。

なんとか朝食をみそ汁とごはんにしたいのですが、私の脳みそが言う事を聞いてくれません。

でも、糖質を抑える食事を心がけると、血糖値を下げるインスリンの追加分泌が抑えられるだけでなく、摂取した余分な糖質を脂肪として体に蓄積するインスリンの太る作用も抑えることができます。

それで、前から気になっていた低糖質のパンというものを購入してみる事にしました。

美味しければ、もちろんダイエットに低糖質パンを加えていきます。では、さっそく・・・

糖質オフの食品専門店『低糖工房』

私が購入した低糖質のパンセット

セットのどれにしようかと悩んで、ホワイトセットにしました。どうしてもあんぱんが食べてみたかったのです。

セットが3種類ありましたが、あんぱんが入っているのがこのセットでした。

低糖質パンホワイトセット

低糖質パンホワイトセット

ホワイトセットは、オーツ胚芽のくせのないおいしい低糖質のセットです。それと、おやつに低糖質マフィン(クルミ)も追加。

セットの中身は、低糖質ホワイト食パン、低糖質ホワイトロール、低糖質アンパン、低糖質ミックスピザの4種類です。それと追加で低糖質マフィン(クルミ)

冷凍で届きましたので、食べないものは冷凍室へそのまま直行してます。

ビニールをあけてない状態で写真を撮ったので、きれいに撮れませんでしたが、あとでいくつか試食しました。

ホワイトシリーズは植物ファイバー、小麦タンパク、オーツ胚芽配合されてます。

低糖質ホワイト食パン (1枚:102kcal、糖質2.4g)

低糖質ホワイト食パン

低糖質ホワイト食パン

低糖質ホワイトロールパン(1個:106kcal、糖質1.6g)

低糖質ホワイトロールパン

低糖質ホワイトロールパン

低糖質アンパン(1個:134kcal、糖質2.3g)糖質93%オフ

アンパン

アンパン

低糖質ホワイトミックスピザ(1枚:477kcal、糖質5.5g)

ピザってカロリーがすごいんですね。一枚ペロリンこしないように。チビチビいきましょう。

オーブントースターで冷凍のまま焼いて食べれるそうです。
目安は500Wで2~3分、700Wで1.5~2.5分加熱し、チーズに軽く焼き目がつくくらいがいいです。

低糖質ホワイトミックスピザ

低糖質ホワイトミックスピザ

追加で頼んだ、低糖質マフィン(1個:239kcal、糖質2.2g)

低糖質マフィン

低糖質マフィン

ホワイトセットが2680円+マフィン(4個)で1400円=4080円でした。

デパートで売られているパンの値段に近い感じでしょうか。

 

試食の感想

全部たべるのはお腹がいっぱいになるので、ホワイトロールと大好きなアンパンとマフィンを食べてみました。

ピヨ

なんだ、ほとんど食べてるじゃないの
いやいや、夕ご飯前だったので、ほんの試食ですけど、ちょっと食べすぎた

ピコ

まずはホワイトロールを食べた感想

意外とモチモチしてほんのり甘くおいしかったです。シンプルなほうが好きかも。

この袋にはいったままで片側を開いてから電子レンジで30秒~1分ちょっとチンしたらふかふかになってました。

ホワイトロール

ホワイトロール

低糖質マフィンを食べた感想

普通のマフィンはもっとしっとりしていますが、こちらは少しパサパサした感じがあります。

クルミが入っているのでおいしい。でも、カロリーが(1個:239kcal、糖質2.2g)なのよねー。ダイエット中はおすすめできないわ~。

低糖質マフィン

低糖質マフィン

あんぱんを食べた感想

あんぱんのあんこが、こしあんでした。糖質が少ない分、あんこの甘さがないというか塩に負けてしまった感じがします。

そんなに塩味でもないけど、あんぱんの甘さがもう少しあればと思います。でも、あまり甘いと低糖質にならないのよね~。

低糖質あんぱん

低糖質あんぱん

 

という事で、普通の低糖質でないパンと低糖質のパンのカロリーを比較してみました。

一般的なパンとカロリー、糖質を比較してみた

低糖工房HPより 比較表

低糖工房HPより 比較表

こうやって比較してみると、一般的なパンと比べてカロリーも糖質も低くなってます。特に糖質がすごく低いのがわかります。

低カロリーがダイエットにいいのはわかるのですが、ところで今更なんですが、低糖質がどうダイエットに影響があるのでしょうか?

糖質のあるものを食べるとどうなる?

私たちが生きるためのエネルギー源の主たるものは「糖質」と「脂質」です。その中の糖質は、体内で代謝されエネルギーを得たあと、過剰分は肝臓に蓄えられます。しかし、さらに過剰になると体脂肪として貯蔵されます。
糖質の摂取量を減らすと、糖質の代謝だけでは足りない分のエネルギーを体脂肪の分解によって得ることになり、効果には個人差がありますが、 体脂肪の燃焼につながるといわれています。     低糖質HPより

ちなみに糖質制限ダイエットとは、糖質を減らして代わりにタンパク質と脂質をたっぷり摂る方法です。食べ物でどれが糖質が多いか少ないかを分かった上でやらないとあまり効果がでないかもしれません。

糖質と言えば、お米やイモ類、麺類が代表的なものですが、果物にもたくさんあります。普段たべている食材のほとんどに糖質が含まれていると言ってもおかしくないです。

糖質を減らせば、食後の血糖値も上がりにくいので、急激に下がる事がなくなります。そうすると、血糖値を下げるためのインスリンも少なくて済むので糖が脂肪細胞に取り込まれにくくなり、結果的に太りにくい状態と言われています。

低糖質ダイエットはどんな人にいいのか

一般的にダイエットというのは、体内に取り入れるカロリーを減らしていく事って思いますよね。

でも、食事のカロリーや量をそんなに減らさなくても、糖質をなるべく取らない方法でもダイエットができます。

だいたい急に食欲がなくなるわけがないし、1週間やそこら我慢するならできても1か月以上持続するのは難しいです。逆にストレスたまって反動がついてしまいます。

カロリー計算がめんどくさい、常に頭にカロリーの事を思い浮かべて食事するのは楽しくないです。

低糖質ダイエットは、なるべく糖質のないものを食べて、お肉やお魚、卵や大豆製品などのタンパク質もたくさん食べれます。

回りにもごはんを抜いて、おかずだけ食べている人がいますよね。なんちゃって低糖質ダイエットは、だれでも簡単に始めやすいものだと思います。

低糖質ダイエットは、お腹が空くのが耐えられない人にいいかも。

逆に置き換えダイエットは私は、かなり空腹に耐えないといけないので私には無理です。

そこで、私のようにパンが大好きな人が、ストレスをためずにダイエットの持続をするのに役立つのがこちらの低糖質パンなんです。

糖質オフの食品専門店『低糖工房』

まだ試食してないものがあるので、追加で載せていこうと思います。

人気商品

こちらは少し値段が安くなっています。お試しでどうぞ。

低糖工房パンセット↓の画像をクリック 

4212円⇒3600円

ホワイトシリーズのお得なセット↓の画像をクリック

3931円⇒2680円

注文する時の参考にしてくださいね。

まとめ

パンは低糖質にしても結構カロリーありますので、カロリー制限をしている場合では、あまり意味がないと思います。

低糖質ダイエットとカロリー制限をごっちゃにすると、どちらも効果がなくなりますので注意してくださいね。

やるときは、どちらかに集中してたほうがいいです。

低糖質ダイエットで、パンが食べたい人には低糖質のパンをお勧めします。