ジプロックにも冷凍できる物出来ないものがある。袋の洗い方も伝授します。

野菜を冷凍する時ジプロックを使う人が多いと思います。

一度使っても、きれいに洗剤で洗って乾かしてまた使いますが、みなさんはどうしてますか?私はストッパーのところが破れるまで使いますよ~。

ところで、ジプロックと言っても冷凍保存に耐えるものと、冷凍には向かないものがあるのはご存知でしょうか?

パッと見ただけではわかりにくいので、パッケージを確認してくださいね。安いからと言って冷凍保存に向かいないものをつかうと、お肉が冷凍焼けしたり、薄いので破けたりします。

写真をご覧ください

青い方は、フリーザバッグで厚みが0.06mm冷凍解凍に使用可能です。耐冷温度マイナス70℃ 耐熱温度100℃

 

ピンクの方は、ストックバッグで厚みが0.04mm薄すぎて冷凍焼けする可能性があります。耐冷温度マイナス70℃

ピンクの方が安いので買う時気を付けてくださいね。安いのでつい買ってしまいそうになりますが、冷凍には不向きです。

野菜など冷凍庫ではなく冷蔵庫へ入れる物用です。

保冷袋は一度使ったら捨ててしまう?

生のお肉を入れてたり魚を入れたらなんとなく再利用は難しいかなと思われがちです。

でも肉類はサランラップに入れて使えばそんなに汚れません

一度サランラップで冷凍しておいてからジプロックで保存すると大丈夫です。

ジプロックの洗いかた

我が家では、ジッパー壊れるまで使いますね。

食器用洗剤で裏表洗って、アルコールの除菌スプレーをしておけば完璧。

 

食器にかけても大丈夫なアルコール消毒液が1本あれば、冷蔵庫の中もテーブルも拭けます。

学校や保育園、老人ホームとか集団で活動する場所には、必ずと言っていいほど設置してあります。

もし、楽天やヤフーなどのポイントがたまって来て使い道がなければ、これを購入してました。

まな板やシンクの消毒にも使えるし、冷蔵庫の中のそうじにも使えるので、一つあれば安心ですね。

ジプロックの中もこれでシュッシュときれいにしましょう。

便利なジプロックですが、たくさん種類があるのでわけわからなくなります。

色が違う時はちょっと良くみて買うようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です