ハーバリウムで使うビンの種類と購入方法そして消毒のやり方について

  ハーバリウムとは、乾燥させた植物やプリザーブドフラワー等を瓶に入れてオイルに漬けて保存するもので、インテリアや贈り物などにも喜ばれる今ちょっとした流行になってます。インスタグラムやSNSでも、話題になっていますね。

でも、デパートで買えば1本3500円~4000円します。材料揃えたら作るのはそんなに難しくありませんので、それなら自分で作ってしまいましょう!

ビンの値段ですが、1本170円~ほどでしょうか。まとめ買いすると安く買えます。

ハーバリウムに使うビン

ハーバリウムに使うビンの大きさ

瓶にも大きさがあって、一般的な大きさは 100ml、150ml、200mlが多いと思います。

他にもありますがだいたいこの大きさで作ってる人が多いようです。

ビンが大きいと豪華な雰囲気になりますが、そのぶんオイルをたくさん使いますので販売する時は値段が上がります。

オイルが高いのでご注意を。

ハーバリウムオイルには種類がある。それぞれのメリットデメリットを知っておこう

ハーバリウムで使用する瓶の種類

  • 円錐型ガラスビン

  • 円柱型ガラスビン

  • 角型ガラスビン

  • 電球型ガラスビン

  • ねこビン(2wayラウンドボトル)

  • 試験管ガラス型ビン

  • インクビン型ガラスビン

  • ハート型ガラスビン

円錐型ガラス瓶

底辺が広く上部が細くなっているので、ビンが安定しています。バラなど正面があるお花を使う時は、円錐が多いかな

お花がビンの中で広がって大きくみえます。円錐や円柱は花が大きく見えますので豪華な感じになります。

デメリットは、いったん花材を入れてしまうと取り出しにくい事です。高価なバラなどは特に注意です。

一度で取り出せずに何度も出し入れしてると、花びらがバラバラになってしまいます。

ピヨ

花のおしりを上にして引っ張り出すとバラバラになりにくいです。

円錐型ガラスビン

円柱型ガラスビン

円柱や円錐は花が大きく見えますのでインパクト出したい時に使えます。

花が上に向かって伸びてる感じを出せる。

グルグルどこから見てもきれいに見える状態を出したい。

 

円柱ガラス瓶

角型ガラスビン

角から見るとキラキラしてとてもきれいに見えます。

オイルのキラキラ感がわかるので、花材を少なくシンプルに作るのも好きです。

ハーバリウム作品

電球型ガラスビン

花材やオイルもたくさん使います。高級感が出ますのでプレゼントにする場合に喜ばれると思います。
 
ビンの中が広いので中で動きやすくなります。しっかり支えの枝を入れる、カスミソウで間を詰めるなどして動きにくくした方が良いでしょう。

電球型ガラスビン

試験管型ガラス

これも自分で作ったものですが、立たせるのに苦労しました。フタがコルクなので心配ですが染みてる感じはありますが、漏れるという事はなかったです。そもそもガラスが薄いので倒れるとワレそうで心配ですけどね。

100均で売ってた食器を洗うスポンジ立てを使ってます(笑)

試験管型

私が買ったのは、100円均一のワッツです。いいのが売ってました。ボソッ

100均で買ったネコビン(2wayラウンドボトル)

ネコ型ビンと呼んでました(笑)斜めに倒してもいいので中が広いので浮きやすい花はやりにくいですね。

あと、何割かのビンはオイルが漏れてきますので、購入する時いちどフタを開けたり閉めたりして、きちんと閉まるかどうかチェックしてみてください。漏れるものは閉まりにくかったです。

たくさん買った後に気が付いて、交換しに行ったことがあります。

ネコ瓶

100均の電球型ビン

初めての方が作るのに適してるんじゃないでしょうか。オイルも少なくて済みますし、やり直す時も浅いのでやりやすいです。
 
ちなみに100均じゃないものはこちら

インクビン型ガラスビン

私は使った事がないのですが、スタッキングボトルと言います。重ねて使えます。

ハート型ガラスビン

上から見た形がハートの形なんです。かわいいですね。

ハーバリウムのビンセット販売

最初からたくさん必要じゃない、手始めに少しずつ試してみたいという方にはこれがおすすめ。

ハーバリウムのビン洗浄方法

私がやってた方法です。ハーバリウムを長く楽しむ為にカビには気をつけたいです。

材料

無水エタノールが1本あれば色々使えますので便利です。ドラッグストアでも売ってます

 
エタノールはカビタンパク質を分解するのでカビの除去にいいのです。水にも油にも溶けるという性質があるので、手作り化粧品の容器の消毒に利用してました。
 
他にも消臭スプレーや薄めて冷蔵庫の中をふく時、掃除、台所のまな板にも使ってました。
 
揮発性があるので乾きもはやいです。但し、このままでは濃すぎるので水で薄めて霧吹きでシュッシュとかけて使ってます。
 
使いかた
 
エタノール80cc対 水20cc 適当でも大丈夫なので(笑)100均で買った霧吹きに入れて使ってます。揮発性があるのでそのままほっておくと乾きます。
 
まとめて消毒しておくといいかと思います。
 
注意点は、アルコールなので火気厳禁です。薄めたものは早めに使わないと揮発してしまうので、使う分だけ薄めましょう。
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です